ホームビジネスフェルディナント・ヤマグチ!ビジネスと人生を成功に導く"ひとり多角化術"

フェルディナント・ヤマグチ!ビジネスと人生を成功に導く"ひとり多角化術" フェルディナント・ヤマグチ コラムニスト、ビジネスマン、趣味人

フェルディナント・ヤマグチ!ビジネスと人生を成功に導く"ひとり多角化術"

負荷を味方にし、自分を輝かせろ!

第9回 "本音の"ビジネスキャリア塾 

<開催日>

■日時
 3月7日(水) 午後7時~9時(開場午後6時半)
 (構成)午後7時〜8時 講演
     午後8時〜9時 事前メール、及び会場受講者からヤマグチ氏への質疑応答

■場所
 渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア4F 
 株式会社サイゾー・セミナールーム
 ※渋谷駅からは、渋谷マークシティ内を通り、道玄坂上交番前まで抜けると便利です。
  http://bit.ly/nadBR1

■参加費
 銀行振込  :3,000円(税込)
 
 当日現金払い:3,500円(税込)
 ※特別割引価格の「銀行振込」をお薦めします。


「週刊朝日」「日経ビジネスオンライン」などの人気コラムニストであり、第一線で活躍するビジネスパーソンでもあるフェルディナント・ヤマグチ氏を講師にお招きし、3月7日(水)19:00〜講演会が開催されることが決定した。
 ヤマグチ氏は上記連載に加え、今までに出版した著書は6冊、先日は日産のゴーン社長と対談etc. と、今、各媒体から引く手数多のコラムニストでもある。
 経営者や文化人から、タレントまで広がる無限の交遊網と、自身の「ビジネス」「遊び」の体験を引用して、経済、ビジネス、投資の法則を解説するという、まったく新しいジャンルを確立したコラムは、男女問わず多くのオトナたちのバイブルとなっている。
「ビジネスパーソン」「スポーツマン」「コラムニスト」「趣味人」という4つの顔を持つヤマグチ氏が、「常に高いモチベーションとパフォーマンスを発揮する方法」を直々に伝授します。

フェルディナント・ヤマグチ コラムニスト、ビジネスマン、趣味人

出身地:ドイツ・ボン、年齢:不詳、家族構成:既婚(詳細不詳)
連載媒体:「日経ビジネスオンライン」、「週刊朝日」、「Tarzan」 
著書:『結果を出す!NISSANのグローバル仕事術 英語だけではダメなのよ。』(日経BP社)
   『恋愛は投資である』『悪魔のモテ理論』(ともに扶桑社) 他
趣味:自動車、トライアスロン、食事、デート

セミナーダイジェスト

 フェルディナント・ヤマグチ氏のコラムニストとしての第一歩は、03年に始まった連載「優良銘柄診断〜投資家のための合コン講座〜」(「月刊ビジスタ」ソフトバンク・パブリッシング)である。この処女連載がいきなり読者の反響を呼び、書籍化され、続く「週刊SPA!」(扶桑社)の連載「恋愛の利回り」は、同誌連載の中で常に読者人気トップを誇った。
 コラムで語られる、クルマ、海外旅行、デート、ホテル、レストラン、ワイン etc.といった幅広い分野におけるヤマグチ氏の“体験的”知識は、まさに「オトナに遊ぶためのマナーテキスト」と呼ばれ、男女問わず多くの支持を得ている。
 また、ヤマグチ氏のツイッターからは、有名企業OL、女医、CA、タレントから、ピーチジョン創業者のミカジョンなどの経営者、山形浩生、辛酸なめこといった文化人まで、多彩な顔ぶれとの交友録がうかがえる。
 
 しかし、その派手な活躍とは裏腹に、ヤマグチ氏について紹介することは難しい。なぜなら、覆面で隠されたイケメンな素顔同様、そのプロフィールもまた謎に包まれているからだ。

 「大手N村證券の社員じゃない?」
 「いや、土地持ちのボンボンでしょ」

と、ネット上ではその素性についてさまざまな噂が飛び交っている。長年ヤマグチ氏の連載を担当している雑誌編集者でさえ、いまだにこうした噂を信じている人がいるほどだ。
 しかし実際は、企業に勤務し多くの部下をマネジメントする、第一線で活躍するビジネスパーソンである。堪能な英語を駆使し、日々海外とやりとりをしながら、高いパフォーマンスを出し続けている。
 そんなヤマグチ氏が、信条としていることがあるという。それは、

「ビジネスパーソン」「スポーツマン」「コラムニスト」「趣味人」

という4つの“自分”に、それぞれ真剣に取り組むことだという。

 例えば、ビジネスパーソンとしてのヤマグチ氏は、最近巷でいわれる「趣味や副業のために会社のリソースを使おう」というようなトレンドに、断固として次のように異を唱える。

「もし私が経営者で、そんな社員がいれば真っ先にクビですね。趣味も恋愛も、仕事によって得られる経済的な基盤があってこそ楽しめる」

 深夜2時まで情報収集のための会食を楽しみ、帰宅後にトライアスロンのトレーニングをして、翌朝7時には海外との電話会議ということもザラだというから、己に対して決して手を抜くことを許さないオトコである。

 このように、仕事、家庭、プライベート、趣味に全力で取り組む、ヤマグチ氏の言葉では「ひとり多角化」に全力を注ぐことで、自分を輝かせることが大切だという。
 
 そんなヤマグチ氏に、具体的な体験を豊富に交えながら、

 「常に高いモチベーションとパフォーマンスを発揮するには、どうすればよいか?」
 「なぜ、ひとり多角化すると自分=人生が刺激的になるのか?」
 「ひとり多角化するためには、どうすればよいのか?」

について、“サイゾーでしか聞けない”話も含め、大いに語っていただく。
 もちろん質問や相談があれば、ヤマグチ氏にその場で直接聞けるインタラクティブな交流の時間も設け、みなさまの満足度100%を目指します。

■講演会内容(予定)

(1)こうすれば、常に高いモチベーションとパフォーマンスを発揮できる!
 ヤマグチ氏はその派手な活躍が禍いし、時には陰に陽に悪口を言われることも多いという。しかし本人は、「ネット上に書き込まれるような悪口は大歓迎」=「“バカ死ね”最高」とまで言う。なぜならそれは、まさに自身が注目されている証であり、自分に向けられた悪口を糧にしてこそ、成長することができるからだ。
 くわえて、自らに過重なタスクを課し、自分の限界を伸ばす=負荷を味方にすることで、仕事もプライベートをより輝かせることができるという。
 このような努力を絶えず惜しまないヤマグチ氏に、常に高いモチベーションを保つことで、高いパフォーマンスを発揮し続けるためのテクニックを披露していただく。

(2)「ひとり多角化」することで、自分=人生を刺激的にできる!
 ひとり多角化することのメリットのひとつは、さまざまな顔としての取り組みが、お互いの相乗効果を生み出す点だという。
 例えばヤマグチ氏が「コラムニスト」として初めて連載を持つきっかけとなったのは、「趣味人」として知り合ったある人との縁だった。また、「スポーツマン」として日々励むトライアスロンでは、普段触れることのない分野の人びととの交流を通じて、メディアにもネットにも出てこない情報を得ることができるという。こうした体験は、ヤマグチ氏のビジネスパーソンとしての活動にも、非常に役に立っているのだ。
 まさにひとり多角化のメリットを最大限享受しているヤマグチ氏に、「ひとり多角化が人生を刺激的にする理由」を語っていただく。

(3)「ひとり多角化」するために実践できるノウハウ!
 ひとり多角化を実現するためには、いくつか身につけるべきノウハウがあるという。
 例えば、「思考の切り替え方を身につける」というもの。ときに人は、自分ではどうしようもできない外的要因により、苦境に立たされる場面に遭遇するが、そういうときこそ、一旦置かれた状況から自分を遮断し、思考を切り替えることで、立て直しをはかることが重要だという。
 そのほかにも、ヤマグチ氏が実践している多数のノウハウを、自身の口から語っていただく。

参加者の声

このセミナーに関するfacebookコメント

メールマガジン

セミナースケジュール

RSS