ホームビジネス"即実践"自分の未来をつくる術!日本マイクロソフト元社長・成毛眞が語る

"即実践"自分の未来をつくる術!日本マイクロソフト元社長・成毛眞が語る成毛眞 インスパイア取締役 「HONZ」代表 日本マイクロソフト元社長

"即実践"自分の未来をつくる術!日本マイクロソフト元社長・成毛眞が語る

ビジネスパーソンは今こそ本を読め!

第1回 “本音の”ビジネスキャリア塾        

講演内容をテキスト、動画にてお届けします。
本ページ一番下の「テキストで読む」「動画で見る」よりお申し込みください。

 ■テキストで読む:1,000円(税込)
 ※「パブー」のユーザ登録が必要となります。

 ■動画で見る  :2,000円(税込)
 ※「ニコニコ動画」のアカウントをご登録いただく必要があります。
  (視聴に必要なポイント数:2,000ポイント)
 

 日本マイクロソフト元代表取締役社長で、現在は自ら創業した投資コンサルティング会社・インスパイアをはじめとする数々の企業の取締役を務める成毛眞氏を講師にお招きし、講演会が開催された。
 成毛氏は、グローバルIT企業の日本法人トップ、ベンチャー企業創業、そして7月には、今までにない全く新しいコンテンツである、ノンフィクション本専門の"書評ではない"紹介サイト「HONZ」の立ち上げというキャリアを通じて、IT、金融、事業開発の領域で、常にリーダーとしてビジネスの最前線に立ってきた。
 そんな彼が、「キャリアプランなど不要」「ビジネスパーソンは今こそ本を読め」と力説する理由とは?

成毛眞 インスパイア取締役 「HONZ」代表 日本マイクロソフト元社長

インスパイア取締役ファウンダー
ノンフィクション本専門紹介サイト「HONZ」代表
日本マイクロソフト元代表取締役社長
(北海道札幌市出身/1955年9月4日生まれ/中央大学商学部卒)

セミナーダイジェスト

 まず前半の講演では、自身の生い立ちから、日本マイクロソフトを立ち上げトップとして成長させた後に、ベンチャー企業を起業し、現在の「HONZ」立ち上げまでに至るまでのキャリアの軌跡である。まだマイクロソフトやアップルが社員40~50人くらいの頃の、若かりしビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズとの思い出なども交えながら語る、世の中の常識とは一線を画す「“成毛流”キャリアのつくり方」は、ユニークかつ多くのビジネスパーソンにとって示唆の富む内容になっている。

 また、本読みのプロである成毛氏が、「内容を覚えておく必要はない」「そもそも役に立たせる必要がない」という独自の本の読み方を直々に伝授する他、膨大な読書量の中から厳選したお薦め本の内容を、成毛氏自らが紹介。貴重なブックガイドになっているのに加え、今後の人生に役立つ本のエッセンスがぐっと凝縮されている。
 
 そして後半の質疑応答では、「外資系企業で成功するには?」などといった実際のビジネスやキャリア形成にまつわる質問にはじまり、具体的な運の引き寄せ方、文化、そして子育てに至るまで、会場から発せられた多方面に及ぶ質問に対し、成毛氏が1つ1つ丁寧に回答。

 その模様をほぼノーカットで、テキスト、動画にてお届けします。

■収録内容

 1.キャリア形成にキャリアプランは不要?
 
  (1)若かりしビル・ゲイツ、スチーブ・ジョブズとの出会い
  (2)マイクロソフトを辞めた理由
  (3)偶然を幸運へ導く方法

 2.常識破りの成毛流読書術

  (1)なぜ本を読むのか?
  (2)どんな本を読むべきか?
  (3)日本最高のポピュラーサイエンス本
  (4)中国発展の理由はコンテナ?
  (5)恐ろしくも面白い宗教と歴史の本

 3.将来を見通すための方法

  (1)書評の書き方
  (2)円安にはならない?
  (3)将来予測のための情報を得る方法

 4.歌舞伎鑑賞がビジネスに生きる

  (1)運を味方につける方法
  (2)外資系企業で成功するコツ
  (3)本を読むとき何を意識すべきか
  (4)誰でもできる就活必勝法
  (5)大停滞は何を引き起こすのか?

 5.マイクロソフトとアップルの違いはタップダンス

  (1)マイクロソフト社内のある“仕掛け”
  (2)電子書籍普及のカギは端末
  (3)やっぱり1割には英語は必要?
  (4)マイクロソフトが成功した秘密
  (5)とにかくサイコロを振ろう
  (6)計画的に自分の未来をつくる

テキストで読む
動画で見る

参加者の声

「自分の知らない話がたくさん聞けてよかったです」
「自分の人生にとても良いアドバイスをいただけました」
「どんな質問も見下さず、丁寧な受け答えをしていただけたのが印象的でした」
「講師と受講者のインタラクティブな交流の時間が満載で、楽しかったです」
「もっとたくさん本の話を聞きたいと思いました」
「まさにスピーチのお手本!勉強になりました」

このセミナーに関するfacebookコメント

メールマガジン

セミナースケジュール

RSS